Open post

秋華賞 2016年予想

トライアル惨敗の桜花賞馬。オークス馬の回避。2016年の秋華賞はどうなってしまうのか。荒れるしかないだろうとリスク選考的に受け止め、かつ他の人は当たらなくても自分は当たるんだとポジティヴに予想していきます。

馬名 騎手 所属 厩舎 前走と着順 短評
01 01 エンジェルフェイス 浜中 栗東 藤原英 紫苑S 16
02 ジュエラー デム 栗東 藤岡健 ローズS 11
02 03 パールコード 川田 栗東 中内田 紫苑S 05
04 パーシーズベスト ルメ 栗東 石坂 紫苑S 04
03 05 レッドアヴァンセ 武豊 栗東 音無 ローズS 08
06 ゲッカコウ 和田竜 美浦 高橋博 紫苑S 15
04 07 ヴィブロス 福永 栗東 友道 紫苑S 02
08 デンコウアンジュ 内田博 栗東 荒川 ローズS 04
05 09 クロコスミア 岩田 栗東 西浦 ローズS 02
10 ビッシュ 戸崎圭 美浦 鹿戸 紫苑S 01
06 11 フロンテアクイーン 蛯名 美浦 国枝 紫苑S 03
12 ウインファビラス 松岡 美浦 畠山吉 紫苑S 08
07 13 ワンダーピルエット 小牧 栗東 小崎 500万下 01
14 ミエノサクシード 川島信 栗東 高橋亮 夕月特別 01
15 カイザーバル 四位 栗東 角居 ローズS 03
08 16 ダイワドレッサー 川須 美浦 鹿戸 休養
17 ネオヴェルザンディ 松山 美浦 鹿戸 500万下 01
18 キンショーユキヒメ 松若 栗東 中村均 夕月特別 03

秋華賞のページで紹介しているとおり、ローズステークス組がよく馬券に絡み、馬券はローズステークス上位組と他路線の上位組の組み合わせで殆ど決まります。左要件を満たさない馬を機械的に消してから絞り込みます。

馬名 騎手 所属 厩舎 前走と着順 生産者 短評
04 07 ヴィブロス 福永 栗東 友道 紫苑S 02 ノーザンF
08 デンコウアンジュ 内田博 栗東 荒川 ローズS 04 磯野牧場
05 09 クロコスミア 岩田 栗東 西浦 ローズS 02 小島牧場
10 ビッシュ 戸崎圭 美浦 鹿戸 紫苑S 01 ノーザンF
07 13 ワンダーピルエット 小牧 栗東 小崎 500万下 01 フクダF
14 ミエノサクシード 川島信 栗東 高橋亮 夕月特別 01 千代田牧場
15 カイザーバル 四位 栗東 角居 ローズS 03 社台F
08 16 ダイワドレッサー 川須 美浦 鹿戸 休養 社台F
17 ネオヴェルザンディ 松山 美浦 鹿戸 500万下 01 LakeShore

展開 ペース S

逃げ 番手 先行 中位 後方 追込 周回
06,09 01,03,13,16, 10,11,17,18 05,07,12,14 02,04

何が何でもハナを切りたいタイプがいないため、秋華賞の割にペースは上がらないと思われます。クロコスミアがペースを握ればローズステークス時と同じくらいのラップで行くでしょう。

 

終いラップは今の馬場を考えると34秒前半で。差し馬は33秒台の脚を使う馬を狙いたいと思います。


過去データから絞り込む。

京都内回りコースは乗り慣れていたい。

 

秋華賞過去結果の項目を見ていただければお分かりのように関東所属の騎手が苦戦しています。

 

関東のジョッキーは京都内回り2,000mのレースに騎乗する機会が殆どありませんので、力の抜けた馬に騎乗しない限り秋華賞では苦しむのではないかと考えます。内枠に入った場合の馬群の捌き方など小回りコースに慣れていないとどうでしょうか。


屈腱炎引退馬が出ているにもかかわらず今年も京都競馬場の芝コースはカッチカチ。

 

リオンディーズの引退とシンハライトの屈腱炎発症というショッキングな出来事の後なので馬場状態には神経質になってしまいます。

 

先週の京都大賞典の上りタイムはキタサンブラックが33.6、上り最速馬が33.0のタイムを出しました。昨年に比べると随分正常になったように思いますが、それでもまだまだ硬いように思います。

 

たった1週間で時計のかかる馬場に変わるとは思えないので、秋華賞も末脚の切れる馬が抜け出してくると考えます。硬い馬場適性の高い馬には注意したいです。

 

以下、2016年秋華賞出走馬の血統分析です。ここから今の馬場に合う馬を選抜します。


秋華賞2016年血統分析

1枠

エンジェルフェイス

 

父キングカメハメハ 母ワンフォーローズ 母父Tajano Run

 

Northern Dancer5*5*7×7が主導。The Dancer(=Kazadancoa)4×4、Raise a Native4×6*7とNever Bend6×6も前面で生じていて主導は不明確で反応の鈍さと仕上げ難さ有り。

 

スピードよりスタミナ優位で2400mは持つが決め手に欠けるので上位は厳しそう。

 

米系と主導の結合状態は今一つで散漫な配合といった印象。底力も不安。

ジュエラー

 

父ヴィクトワールピサ 母バルドウィナ 母父Pistolet Bleu

 

 

Klairon6×5が最前列のクロスになるが、少数派の血のため主導には不十分。BMS内6代目にあるNearcoとHyperion系列ぐるみで主導していると思われる。

 

少ないクロスとBMSへの血の集合力が開花の早さと春先の瞬発力につながったが、夏を越えてまだトップレベルを張れるか微妙。


2枠

パールコード

 

父ヴィクトワールピサ 母マジックコード 母父Lost Code

 

主導は不明確だが、Native Dancer7*6×6、Turn to6*7×6、Nasrullah7×6*5、スピードの血が前面に出ている上にクロスが少ないので硬い馬場の瞬発力勝負は向く。一叩きされて出来が上向いていれば伏兵級の評価で。

 

パーシーズベスト

 

父ディープインパクト 母パーシステントリー 母父Smoke Glacken

 

Northern Dancerの主導の明確さは長所だが、スピードの血が前に出ていないため時計勝負は苦しいと思われる。

 

また母の世代が新しくディープのスピード、スタミナを活かすクロスができなかったがシンプルさが出たのはプラス。


3枠

レッドアヴァンセ

 

父ディープインパクト 母エリモピクシー 母父ダンシングブレーヴ

 

サトノルパンの全妹。Lyphard4×3にSir Gaylord6×5のクロスを作りダンシングブレーヴとAlzaoを強調。Fair Trialもクロスし、血の活かし方と集合力が良く、日本の馬場と瞬発力勝負は得意のはず。

 

テスコボーイが3代目にあり全体のバランスを崩していて、大一番での信頼性は今一つ。しかしエリモシューティングの母系は京都巧者が並ぶので警戒は必要。

ゲッカコウ

 

父ロージズインメイ 母チューベローズ 母父シンボリクリスエス

 

Halo4×4への集合力は良く、AlmahmoudとPharamondもクロスしているが、ロージズインメイはHyperion系の血を殆ど持たず、Haloを活かすには限界がある。

 

またPrince Quillo5×5がHaloと結合しないため主導の明確性を妨げている。戦績を見るとスピード能力の開花が阻害されているようで、ゆくゆくはダートか。


4枠

ヴィブロス

 

父ディープインパクト 母ハルーワスウィート 母父Machiavellian

 

ヴィルシーナの全妹、シュヴァルグラン(父ハーツクライ)の半妹。Halo3×4*5の主導にNorthern Dancerのクロスが続く型で2016年流行の配合。

 

Almahmoud、Pharamond、Hyperionら結合しやすい血でまとまっていて、芝の中距離に適性か。全姉に近い活躍が期待される。

デンコウアンジュ

 

父メイショウサムソン 母デンコウラッキー 母父マリエンバード

 

Northern Dancer4*5×5の中間断絶とAlmahmoudの系列ぐるみが主導。父メイショウサムソンは第一印象よりスピード豊かな血統で、本馬は父の持つFair Trialのスピードの血がよく生かされた配合である。

 

スタミナはWild RiskとDjebel~Tourbillonからだが、主導勢力と結合が弱いため、どこまで有効かは不明。それでもスタミナに関しては今年のメンバーの中では上位に入るはずなので、流れが速くなればチャンス。


5枠

クロコスミア

 

父ステイゴールド 母デヴェロッペ 母父ボストンハーバー

 

Northern Dancer次いでNasrullahの影響が強く、両者は7代目Nearcoで直結する。キングカメハメハと共通する所はあるが、当馬の方が素軽さが備わっている。

 

それでもWild Risk6×6中間断絶があり牝馬にしては重厚。自ら厳しい流れを作り、スタミナを要する展開に持ち込めば。

ビッシュ

 

父ディープインパクト 母バランセラ 母父Acatenango

 

Lyphard4×5の中間断絶にAlmahmoudのスピードとDonatello、Hyperion系のスタミナを集合させた配合。

主導の明確性とディープの持つ能力の生かし方が優れていて、その点についてはチェッキーノに引けを取らない。また母方7代目にThe Tetrarchが存在するので決め手は同世代屈指のはず。

 

ただチェッキーノに比べてHyperion系の生かし方がやや雑であり、またBMS内に不備を抱えていることと土台構造の薄さから底力は不足気味。上位の配合なのは間違いないが、不可解な凡走があるので注意が必要。


6枠

フロンテアクイーン

 

父メイショウサムソン 母ブルーボックスボウ 母父サンデーサイレンス

 

Hail to Reason6×4、Almahmoud6*7×5そしてHyperionによりBMSサンデーサイレンスを強調した。Northern Dancerのクロスを作らずサンデーを活かしたところが長所だがLalun6×5が系列ぐるみでクロスしているのでかなり重厚な内容になっている。

 

本格化すればスタミナと底力豊かな馬になりそうだが開花は難しい。

ウインファビュラス

 

父ステイゴールド 母サマーエタニティ 母父アドマイヤコジーン

 

ノーザンテースト4×4中間断絶にPrincely Gift5×6系列ぐるみが続く軽い配合なので今の京都の馬場は合うが、G1を勝負する中身が伴っているか疑問。


7枠

ワンダーピルエット

 

父エンパイアメーカー 母ワンダーグラス 母父グラスワンダー

 

Northern Dancer4×5主導。欧米の血が入り混じる上に主導への集合力も良くないためG1では荷が重い。

ミエノサクシード

 

父ステイゴールド 母ハピネスフォーユー 母父A.P.Indy

 

Hail to Reason4×6にAlmahmoudとNorthern Dancerのクロスが続く形は日本で実績のある配合パターン。7代目Nearco、9代目Pharalisで主張の強い血が結合するまとまりの良さは魅力。

 

母母の世代が新しく全体のバランスを乱しているが、今年の秋華賞のメンバーの中では上位の配合レベル。

カイザーバル

 

父エンパイアメーカー 母ダンスインザムード 母父サンデーサイレンス

 

Northern Dancer4×4の中間断絶にAlmahmoud~Swnfordの系列、Native Dancer、さらに母母ダンシングキイの血を加え、父内にある世界的良血El Gran Senorの血がほぼ再現された。

 

 

残念なのはエルグランセニョールの血は日本で実績を残していない事。本馬も勝ち上がりに時間を要し、日本の馬場に苦戦している様子である。

 

距離延長、ハイペースは歓迎のクチで、展開次第で馬券圏内に食い込む可能性はある。角居厩舎の技量で能力開花を果たしてもらいたい。


8枠

ダイワドレッサー

 

父ネオユニヴァース 母リバティープリント 母父スウェプトオーヴァーボード

 

母は欧米の血が入り混じり父馬を選ぶのが難しい馬で、当馬は何を主張したいのか分かりにくく、HyperionとNative Dancerで何かが起きればという内容。G1では苦しい。

ネオヴェルザンディ

 

父Temple City 母Sixta 母父Stormin Fever

 

Northern Dancer主導でHail to Reasonが次いで主張する形で、マル外だが日本でお馴染みの配合パターン。

 

切れる脚は無いため今の京都で良馬場は不利だが、スタミナは必要としないが時計と上りを要する流れになればチャンス。

キンショーユキヒメ

 

父メイショウサムソン 母アップルティー 母父サンデーサイレンス

 

Hail to Reason6×4、Almahmoud6*7×5そしてHyperionによりBMSサンデーサイレンスを強調し、Northern Dancerのクロスを作らずサンデーを活かしたところまでフロンテアクイーンと同じだが、当馬はFair Trial、Lady Juror、Lady Josephineが系列ぐるみでクロスしていているのでかなりスピードと瞬発力に恵まれている。

 

秋華賞出走メンバー中トップクラスの配合内容だが、開花の度合いを鑑みると今回は厳しそう。2歳の8月に勝ち上がっているのにこの開花度では非常に勿体ない。


2015年の予想のハイライトシーンを一部引用

 

【秋華賞2015予想を途中から掲載】

ということで、1.展開2.枠順3.馬場状態を総合的に勘案して更に絞り込み、馬券に絡む候補を選ぶとこのようになりました。

枠番 馬番 出走馬 騎手 厩舎 馬主 生産者
3 6 マキシマムドパリ 松元茂 グリーンF 社台F
4 7 トーセンビクトリー 武豊 角居 島川隆哉 ノーザンF
5 10 レッツゴードンキ 岩田 梅田智 廣崎利洋 清水牧場
6 11 タッチングスピーチ ルメール 石坂 サンデーR ノーザンF
7 13 アスカビレン 池添 中尾秀 神田こうじ 桑田牧場
8 17 アースライズ 川須 矢作 吉田勝己 ノーザンF
18 ミッキークイーン 浜中 池江寿 野田みずき ノーザンF

全く絞り込めていませんが、いい線いっている気はしませんか?

 

三連単をボックスで買って210通り。

 

何とかなりそうな気はしますが、そんなにお金はかけたくありません。

 

ここから先の絞り込みは馬の実力云々ではなく、お金を惜しんでいるだけです。

 

【以上 秋華賞2015年予想 より 引用ここまで】

 

絞り込んだ結果、傷口は浅く済みましたが、もし私がお金持ちで秋華賞の三連単210通りを買っていれば、1週間落ち込める金額の負けになっていました。

秋華賞

券種 1着 2着 3着 計算 金額
三連単 02 05 03,07,09,10 @100円×4点=400円 400円
合計 400円
お金に余裕のある方はB案として、軸02,05 相手03,07,09,10 マルチ 合計24点2,400円をお勧めします。
お金をかけたくないがもっと確率を高めたい方はC案として、 1着02 2着05 相手03,07,09,10 プラス 1着02 3着05 相手03,07,09,10 合計8点をお勧めします。
【考え】
シンハライト、チェッキーノの出走そしてビッシュが内枠に入っていればジュエラーは厳しかったと思います。しかし今回の条件であればジュエラーの力は上位と判断しました。
相手はレッドアヴァンセですが、この馬を選んだ根拠は、京都コースの実績、上りで速い脚を使える事、関西を拠点としている武豊騎手が騎乗する事、以上の3点です。
相手は前哨戦で強かったビッシュ、良血ヴィブロス、展開利クロコスミア、関西で乗れている川田騎手騎乗のパールコードにします。
2016年10月16日 京都 15時40分 11R 秋華賞  3歳オープン
———————————–
馬券  :3連単
買い方 :1,2着ながし
指定方式:馬番
組合わせ:4点
購入金額:400円
馬/組番:2→5→**
1着:2
2着:5
3着:3, 7, 9, 10
各100円(合計 400円)
———————————–

Posts navigation

1 2 3 4